FC2ブログ

味ぽんで作る鶏チャーシューの餃子カナッペとサンラータン風スープ



IMG_1736_20180904.jpg
レシピブログアワード2018
レシピブログアワード2018


ミツカン味ぽんでトリチャーシューを作りました。
ミツカンのレシピページはこちら→☆ミ

味ぽんだけでこんなにかんたんにおいしいチャーシューができるって思いませんでした。
このチャーシュー。気が早いけれど、次のお正月にはおせちに入れようと思います。

今日は、北京ダック風に焼いた餃子の皮にカナッペふに乗せました。

チャーシューを煮たスープは、酸味があるので、豆腐ととき卵を入れてとろみをつけたらサンラータン風のスープになりました。

☆鶏チャーシューの作り方(2~3人分)
鶏むね肉1枚(300g)
ミツカン 味ぽん1/2カップ
水1/2カップ
しょうが1かけ(チューブでもOK)
にんにく1かけ(チューブでもOK)
赤とうがらし1本(お好みで)

餃子の皮適量
コチュジャンやゆで卵ミニトマトなど

[1] しょうがは薄切り、にんにくは軽くつぶす。赤とうがらしは半分に折り、種を取り除く。

[2] 鶏肉は皮つきのまま使用し、余分な水けをペーパータオルでふき取る。両面にまんべんなくフォークを刺す。

[3] フライパンに味ぽん、しょうが、にんにく、赤とうがらしを入れて煮立てる。煮立ったら、鶏肉の皮目を上にして入れ、ふたをして中火で片面約7分ずつ、計14分間蒸し煮にする(煮汁がブクブクと泡立つことで煮詰まり、照りが出ます)。
  このときにゆで卵も入れるとおいしい味玉ができるのでお勧めです!

[4] 火を消し、ふたをしたまま、10分ほど皮目を下にしておいておく。

[5] 鶏肉を取り出し、8mm厚さのそぎ切りする。
   フライパンに薄く油を引いて、餃子の皮を両面焼きます。レタスやミニトマト、ゆで卵と一緒にトッピングします。
   お好みでコチュジャンを添えるのもお勧めです。

☆サンラータン風のスープ
豆腐 3パックのものを1パック
卵 1個
水溶き片栗粉 大匙1
ねぎ 適量
水 250~300cc
ごま油 お好みで

①チャーシューを煮たときのスープに、水を加え沸騰させ、アクをとります
②豆腐を崩しながら入れます
③水溶き片栗粉を入れてとろみを出したら、火を弱め、とき卵を静かに入れて、火を通します。
④卵がお好みの硬さに固まったら、ねぎを入れて完成です。お好みでごま油をたらすのがお勧めです。

IMG_1737_20180904.jpg
IMG_1733_20180904.jpg
スポンサーサイト