ホタテと湯葉のサルティンボッカ


乾物イタリアンの料理レシピ
乾物イタリアンの料理レシピ

IMG_8434.jpg

ホタテをバジルと一緒に、生ハム、湯葉でまいて、さっと焼き上げました。
ホタテのうまみが、湯葉のなかにジュワ~~~~と閉じ込められていて、想像以上においしく仕上がりました。
切り口はこんな感じ

IMG_8438.jpg

サルティンボッカは、生ハムでまいたムニエルのような感じ。
小麦粉の代わりに、今日は湯葉でまいてみました。
生ハムだけだと破れやすいのですが、湯葉があるので、むしろ、いつもの作り方より間単に出来ました。

★材料 3人分
ホタテ(生食用) 6個
バジルの葉 12枚
生ハム 6枚
湯葉 3枚
アスパラ適量
バター 5グラム
オリーブオイル 大匙1

※ホタテは、貝柱だけでも、ひも付きでもOKです。

★作り方
①湯葉は、袋にあるように、水にくぐらせ、ざるに広げておく。
②湯葉の上に生ハムを2枚並べておき、バジルの葉っぱをホタテの上にくるようにおく。
さらに、ホタテを2個並べ、その上にもう一度、バジルの葉を乗せて、くるっとまきます。
③アスパラは、茎の硬い部分は皮をむいて、2つに切っておきます。
④フライパンに、オリーブオイルとバターを入れて、湯葉に焼き色がつくまで焼いて出来上がりです。
アスパラは、フライパンの開いている部分で焼き上げます。
スポンサーサイト