ハーブ香るチキンコンフィ


おもてなしチキンの料理レシピ
おもてなしチキンの料理レシピ  スパイスレシピ検索
IMG_6652.jpg
◎ハーブ香るチキンコンフィ

正直に言うと、若い頃は何を食べていたんだろうと思うくらい・・・
肉系を食べられるようになったのはこの10年のこと。

自分でお料理を始めたからかな?
およばれの機会があったからかな?

残さず食べるように、そして、お肉って美味しいんだ~~~~って思うようになりました。

鶏肉が美味しいと思ったのは、長野のレストランで、「コンフィ」を食べたとき。
お友達と遊びに食事に行ったのですが、フィレステーキは私の事情には合わなかったので、
鶏肉のコンフィを選びました。

外はカリカリ、中はジューシー、美味しい!!
それで、自分でも何度か作ってみました。

これは作りおきが出来るので便利です。
オイルから鶏肉が出ないようにオイル漬けにしておくと、数日~1週間、(もっとかな)持つそうです。
なので、お客様が来る日にあわてなくても、数日前の時間のあるときに作っておいて、
当日は、オイルから出してグリルで焼くだけ!

使ったオイルも、炒め物などに使えるのでとても便利です。

★材料2~3人分
鳥肉 手羽もと 6本
にんにく ふたかけ
ローリエ 2~3枚
塩 小さじ1
ローズマリー 小さじ1~2
オイル たっぷり
(オイルはサラダオイルでOKです。冷蔵庫に保存する場合はオリーブオイルは固まります。
私は、コレステロールの少ないサラダオイルを使っています。ちょっとお値段がしますがグレープシードオイルもお勧めです。
ラードを入れる・・・という記事も見たのですが、私はサラダオイル派です))

添えるお野菜
ブロッコリー 少々
ジャガイモ 2個
イタリアンハーブミックス 少々
オリーブオイル 大匙1

★作り方
①鶏肉に、塩とローズマリーをよくすりこんで、1番寝かします。
②鶏肉を水で洗い、塩とローズマリーを落とし、水気をキッチンペーパーでよくふき取ります。
③深めのお鍋に、②とローリエ、にんにくをいれ、鶏肉が隠れるほどのオイルを入れます。
(なので、お鍋は小さ目か、鶏肉はお鍋にきっちり入るくらいの量にしたほうがオイルの無駄がありません)
④火は中火より弱い火でゆっくり煮ていきます。途中であくが出たらとりながら、弱火で40~50分煮込みます。
火が強いとから揚げなってしまうので要注意です。
⑤煮あがったらそのまま覚まし、煮沸消毒した器に入れて保存します。
⑥食べる前に、魚焼きのグリルやオーブントースターで焼き目がつくくらいに焼いていただきます。
⑦ジャガイモは、一口大に切り、オリーブオイルをかけて、耐熱皿に入れて軽くラップをかけて5~6、電子レンジで加熱します。
イタリアンハーブミックスをかけて軽く混ぜれば出来上がりです。
⑧ブロッコリーはゆでて、ジャガイモと同様に、オリーブオイルとイタリアンハーブミックスであえておきます。
スポンサーサイト