チキンの生ハム包み焼き


おもてなしチキンの料理レシピ
おもてなしチキンの料理レシピ  スパイスレシピ検索
◎チキンの生ハム包み焼き

GABANのモニターに当選したので、チキンのお料理しました。

今日は、サルティンボッカというロシア料理風に、鶏肉を生ハムで巻いて、
ハーブを利かせたオイルで焼き上げました。

サルティンッボッカは『口に飛び込む』という意味なのだそうで、お肉にセージを乗せて生ハムで焼くのが定番のようです。

生ハムを巻いて焼くのはもったいないように思ったりもするのですが、
ささみ肉にチーズを挟んで、生ハムで巻いて焼いたところ、ジューシーでコクが出ておいしくなりました。
IMG_6596.jpg
IMG_6609.jpg

添えているポテトは、イタリアンハーブミックスとオリーブオイルであえたものです。

★材料2~3人分
ささみ肉 5つ
クリームチーズ 5センチほど
生ハム 10枚
GABANローズマリー 小さじ1/2
GABANタイム 小さじ1/2
オリーブオイル 大匙2
小麦粉 少々

ジャガイモ 大1個
イタリアンハーブミックス 小さじ1弱
オリーブオイル 大匙1

★作り方
①ささみ肉は、筋をとります。このとき、肉が崩れても大丈夫です。厚さを整えるために、厚いところは包丁を入れてひらきます。
②軽く塩を振ります。チーズと生ハムの塩味が出てくるので、ほんとに軽く出大丈夫です。
 形を整えながら1センチ角の表紙切りにしたチーズをはさんで、均等な厚さになるように形を整えます。
③生ハムで両方から包みます。このときに、肉のつなぎ目が隠れるように包むと形が壊れません。
IMG_6593.jpg

④ムニエルの要領で、③に小麦粉を軽くつけます。
⑤フライパンにオリーブオイルとローズマリーとタイムを入れて火を入れます。香りが立ってきたら④を入れて焼きます。
焼き色がついたら、少し火を中火より弱くして、ふたをして焼きます。上になっている部分も少し白っぽくなってきたら、裏返して焼きます。
⑥少し押してみて、弾力が固めになっていたら焼き上がりです
⑦ジャガイモは、1.5センチの角切りにします。オリーブオイル大匙1を振りかけて、耐熱皿に入れて軽くラップをかけ、500wで5分ほど加熱します。
レンジから出したらイタリアンハーブミックスをかけて、全体を良く混ぜれば出来上がりです。
スポンサーサイト